向き合って

本日の午後活動、職員と3人のご利用者の方と一つのテーブルでじっくり脳トレに取り組みました。

普通の計算でも、ひらがなで書いてあることでいつもとは違った刺激を受けることが出来ます。

「数字で書いてあると簡単なのに」「ひっ算でやってみてもいいかなぁ」とお話しながらゆっくりと問題を解きました。

次に漢字で書いてある野菜の名前を考える問題に取り組みました。

「茗荷」「秋葵」「蕃茄」などちょっぴり難しい問題も…。職員も一緒に悩みながら、「この字はあおいって読むわよね」「秋になる野菜ってことかしら」と想像力を働かせました。

問題を解いた後は、「この野菜はどんな風に料理して食べますか」「煮しめにいれるならどの野菜をいれますか」と、料理についてお話が盛り上がりました。

脳トレをしながら懐かしい昔を思い出す事もでき、有意義な時間を過ごすことができました。