その方にあったケアを(憩い)

定期的に認知機能の評価を行うことでその方に合ったより良い作業活動や介助を提供します。

様々な質問をしていくのですが、答えられないとき「自分は出来ないわ」と感じてしまいやる気の減少に繋がり、結果にも影響してきます。
わからないようにフォローしたり、雑談を交えたりすることが検査のコツです!