個別体操(憩い)

運動不足を予防するためにゴムチューブを使用して体操をおこないました。少しでも体を動かすことが大切です。

ゴムチューブトレーニングは筋肉や関節への負担が少なく、鍛えたい部位をピンポイントに鍛えることが出来ます。チューブの伸縮性を利用し、筋力、筋持久力、姿勢保持の向上の為に行っています。